Tシャツ

Tシャツを着こなす上級テクニック

Tシャツは夏になると、枚数多く欲しくなるアイテムのひとつです。数を多く持つことは、長く着こなすポイントでもあります。シャツの生地によって、もちが違ってきます。私がTシャツを購入した時に感じることは、10000円のTシャツは生地がしっかりしていて、何度洗濯をしても型崩れがありません。自分の中では1着に10000円も出したTシャツは生まれて初めてでしたが、値段が高いだけでなく、長くカッコよく着れるという意味では、ある意味コストパフォーマンスがありました。やはり、金額が低い安価なシャツは、洗濯をしても数回すればクタクタになります。
特に首の部分はヨレてしまい、不格好になり、部屋着に格下げとなってしまいます。Tシャツは寿命は首元だと思うので、良い生地で作られたTシャツはヨレることはありません。気に入ったTシャツがあれば、少し高くても、買って後悔は無しです。安いTシャツを何枚も持つか、高いTシャツを数少なく大切に着るか、どちらか方針を決めても良いですよね。まさに、質より量か、量より質のどちらかです。おしゃれが好きな人は、質にこだわっていいものを身につけると分かる人には分かるファッションになり、おしゃれの本質を楽しめます。Tシャツは生地を重視して選ぶと失敗がありません。

おすすめの情報

  • Tシャツを着こなす上級テクニック

    Tシャツは夏になると、枚数多く欲しくなるアイテムのひとつです。数を多く持つことは、長く着こなすポイントでもあります。シャツの生地によって、もちが違ってきます。私がTシャツを購入した時に感じること…

    もっと詳しく

  • Tシャツを購入できる場所は昔は少なかった

    現代はネットという存在があるので、通販サイトを閲覧すれば自由に何でも購入できます。Tシャツも専門店のサイトを見に行けば、沢山の商品が出ているので、その中から自身に合ったサイズや色を選べるため便利…

    もっと詳しく

  • Tシャツを着て映画館へ行った思い出話

    夏休み中で暇だと感じたので、最近話題になっている映画を見に行こうかなと思いました。その後、上に長袖を着たまま外に出たのですが、暑いと感じたので長袖を脱ぎTシャツ1枚の姿になりました。Tシャツはス…

    もっと詳しく

  • 合わせやすさが特徴のTシャツ

    個人が持つコンセプトに近づけられるTシャツは、用途が非常に幅広いよさを持ちます。行動的に動くことを得意とする方は、優先してTシャツを着用することで、快適な時間が経過します。とにかく合わせやすさに…

    もっと詳しく